クリスタルガイザー オランチャ シャスタ

クリスタルガイザー オランチャ シャスタの硬度

クリスタルガイザーはオランチャとシャスタ(ウィード・シャスタ)
がその採水地です。

 

 

これらの採水地はアメリカのカリフォルニア州にあります。

 

 

オランチャ水源の100mLあたりの硬度は67mg/L、

 

シャスタ水源の100mLあたりの硬度は38mg/Lです。

 

 

クリスタルガイザーのオランチャ水源はシャスタ水源より、
約1.76倍硬度が高くなっています。

 

 

硬度(こうど) とは水の中にあるミネラルであるマグネシウムや
カルシウムがどれくらい含まれているかを示す指標です。

 

 

硬度の高い水はマグネシウムやカルシウムのミネラル分は多いが、
飲用したとき重くにがみを感じる場合があります。

 

 

一方、硬度の低い水は飲んだときまろやかで飲みやすくさっぱり
した感じがあります。

 

 

硬度の高い水を硬水、硬度の低い水を軟水といいます。

 

 

軟水は体の負担が少なく、水分補給やお茶や料理に適しています。

 

 

硬水はミネラルの補給や健康増進に効果があるといわれています。

 

 

関東の水道水の硬度が約68mg/Lであるように、日本の水はほとん
ど軟水です。

 

 

しかしヨーロッパの水は硬水が多くなっています。

 

 

クリスタルガイザーのオランチャ シャスタは、どちらも軟水に
分類されます。

 

 

日本人が飲んだときにおいしいと感じるのは、飲み慣れている
硬度の低い軟水です。

 

 

⇒まろやかなクリスタルガイザー オランチャ シャスタ

クリスタルガイザー オランチャ シャスタの賞味期限

クリスタルガイザー オランチャとシャスタの賞味期限の見かた
はどのようなものでしょうか?

 

 

ボトル上部にSELL BY MM.DD.YYと記載されているのが
賞味期限です。

 

 

「10.08.2010」と記載されていれば、賞味期限は2010年
10月8日までになります。

 

 

「未開栓の状態で、表示された保存方法で保存した場合、
その期日まで美味しく飲むことができる期限」が賞味期限
です。

 

 

クリスタルガイザー オランチャ シャスタのキャップを開けた後
に注意を要することは、賞味期限の日付に係わらず、
出来るだけ早めに飲用することです。

 

 

また、キャップを開けた後は冷蔵庫に入れて、高温、直射
日光を避けて保存しましょう。

体にいいミネラルウォーターと水道水との違い

体にいいミネラルウォーターと水道水との違いはなんでしょうか?

 

 

最も大きな違いは水道水には水の汚れや菌の消毒のために
塩素が使われていることです。

 

 

水道水への塩素の注入によって食中毒などを防いで水の安全が保たれているのですが、
地域差はありますが水道水がおいしくないと感じることが少なくありません。

 

 

安全な健康にいい水は飲んでもおいしいと感じるものですが、
クリスタルガイザー オランチャ シャスタは、アメリカの自然豊かな大地から湧き出た自然水であり
軟水でもあるため、日本人にはまろやかでおいしく飲みやすい口当たりです。

 

 

次に体にいいミネラルウォーターと水道水との違いとして、健康面への影響があります。

 

 

水道水は塩素が残っているのでまずくなるのですが、
まずいだけではなくトリハロメタンという有害物質を含んでいます。

 

 

トリハロメタンは塩素を水道水に入れることで発生します。

 

 

トリハロメタンは発ガン性物質なので体内の中枢神経や臓器に負担をかけ、
アトピー性皮膚炎やアレルギーなどに悪い影響を及ぼします。

 

 

他の物質を酸化させる力があるか、酸化したものを元に戻す力があるかが
分かる基準である酸化還元電位の違いも、
体にいいミネラルウォーターと水道水との違いの一つです。

 

 

水道水は酸化力が強い塩素を使用しているため、
自然に存在するミネラルウォーターより酸化還元電位が高く
活性酸素が発生しやすくなっています。

 

 

活性酸素は強力な酸化力をもっているため、体内の細胞を酸化させて傷つけ
多くの病気の原因の一つになっています。

 

 

そのため日常的に水道水を飲用していると体力や病気に対する
免疫力の低下を招く恐れもあります。

 

 

水道水を利用するなら、浄水器などで塩素を除去して利用したほうが
健康のためによいと思います。

 

 

浄水器は塩素やトリハロメタン、有害物質を除去できるものが多いですが、
フィルターの交換、メンテナンスを定期的に行わないとその機能を果たすことができません。

 

 

水道水に不安な場合は、通販で激安で購入できるクリスタルガイザーオランチャ シャスタ
のようなミネラルウォーターを購入するのもおすすめです。

 

 

⇒飲みやすくおいしいクリスタルガイザー オランチャ シャスタ

クリスタルガイザー オランチャ シャスタは並行輸入品

楽天の爽快ドリンク専門店で販売しているクリスタルガイザー オラン
チャ シャスタは並行輸入品です。

 

 

並行輸入品は正規輸入代理店ではない流通経路で日本に輸
入されます。

 

 

並行輸入品は正規輸入品とは流通経路が違うので、一般的に正規輸入
品に比べて安い価格で購入できます。

 

 

正規輸入品は日本の正規輸入代理店がメーカーから商品を輸
入して、国内の正規販売店へ商品が行きわたります。

 

 

正規の流通経路を通すため並行輸入品より価格は高くなります。

 

 

正規輸入品には現在大塚食品が正規輸入代理店となっているク
リスタルガイザーマウントシャスタがあります。

 

 

マウントシャスタを指定したいときは正規輸入品を購入すればいいので
すが、爽快ドリンク専門店で並行輸入品を購入する場合は、クリスタル
ガイザー オランチャ シャスタのどちらかを選ぶことはできません。

 

 

爽快ドリンク専門店の通販で並行輸入品を購入した場合、クリスタ
ルガイザーオランチャが届けられる場合が多いようです。

クリスタルガイザー オランチャ シャスタ l 軟水と硬水の違い@

クリスタルガイザー オランチャ シャスタは軟水ですが、水
には軟水と硬水とがあります。

 

 

軟水と硬水はどう違うのでしょうか?

 

 

軟水と硬水を分けるのは硬度です。

 

 

硬度は水に含まれるカルシウムとマグネシウムの合計量によ
って決まり、硬度の数値が高いものを硬水、硬度の低いも
のを軟水といいます。

 

 

一般的に硬度が100以下のものは軟水、それを超えるもの
は硬水といわれています。

 

 

硬水はカルシウムとマグネシウムの量が多く、軟水はその量
が少ない水です。

 

 

日本の水道水やミネラルウォーターの大半が軟水であり、
すっきりして癖がなく非常に飲みやすい水です。

 

 

関東の水道水          硬度約68mg/L(軟水)

 

アサヒおいしい水六甲     硬度約32mg/L(軟水)

 

森の水だより日本アルプス  硬度約33.1mg/L(軟水)

 

 

クリスタルガイザー オランチャ シャスタも軟水(硬度67mg/L、
硬度38mg/L)なので、日本の水道水やミネラルウォーターと
同じように飲みやすくなっています。

 

 

硬水はヨーロッパ等に多く独特の苦みやくせがあるため、
軟水を飲み慣れている日本人には飲みにくい味です。

クリスタルガイザー オランチャ シャスタ | 軟水と硬水の違いA

カルシウムイオンとマグネシウムイオンの含有量(硬度)が少ない
水が軟水、多い水が硬水です。

 

 

日本のほとんどの地域の水道水は軟水であり、アサヒおいしい
水六甲、サントリー天然水、い・ろ・は・す等日本の多くのミネラ
ルウォーターも軟水です。

 

 

外国産ではアメリカのクリスタルガイザー オランチャ シャスタ
やフランスのボルヴィックが軟水です。

 

 

硬水はアメリカやヨーロッパに多く、日本でも沖縄や関東地方な
ど一部の地域で存在します。

 

 

硬水の代表的なミネラルウォーターにフランスのコントレックス
があり、硬度(1L当たり)1468mgで非常に高くなっています。

 

 

クリスタルガイザー オランチャ シャスタ等の軟水はまろやかな味
で飲みやすく幅広い用途に使用できます。

 

 

硬水は口当たりが重く飲用、料理には適当でない水が多くあり
ます。

 

 

しかし長時間煮込んで作る肉料理に硬水を使用すると、そのミネ
ラル分がアクを抜く効果があるようです。

 

 

軟水は洗濯にも使うことができますが、硬水はそのマグネシウム
イオンが石鹸の成分と化合して溶けにくくなり、石鹸が泡立ちに
くくなります。

 

 

下剤にも使用されている酸化マグネシウムは便秘の人に効果があ
りますが、硬度の高い硫酸マグネシウムを多く含んだ硬水を飲用
すると腹を下しやすくなります。

クリスタルガイザーオランチャ・シャスタ | 軟水と硬水の違いB

軟水はカルシウムイオンやマグネシウムイオンの含有量が少
ない水のことです。

 

 

硬水は、カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多量に含
まれている水です。

 

 

硬度とは水に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオ
ンの合計量を数値化したものをいいます。

 

 

軟水は硬度が低い水で、硬水は硬度が高い水です。

 

 

クリスタルガイザーオランチャ・シャスタのような硬度が低い
軟水は、まろやかな感じでくせがなく、飲みやすい水です。

 

 

一般に軟水は香りや味を引き出す効果があるので、そのま
ま飲用するほかにお茶やコーヒー、ウイスキー等をおいしく飲
むのに適しています。

 

 

また炊飯や料理、コンブなどの出汁をとるのにも適していま
す。

 

 

薬の服用時にも使用できます。

 

 

クリスタルガイザーオランチャ・シャスタは非常用災害用の
飲用水として備蓄に使用する方法もあります。

 

 

硬度が高い硬水は口当たりが重く独特のくせがあり、飲み慣
れていない人には飲みずらい味です。

 

 

硬水は一般に、飲料水、料理、洗濯等には適さない水です。

 

 

硬度によって軟水と硬水に分けられますが、その分類に関し
ては様々な分類基準があります。

 

 

その一つである世界保健機関 (WHO) の分類基準は、次の通
りです。

 

 

軟水 60mg/L未満
中程度の軟水 60mg/L 〜 120mg/L未満
硬水 120mg/L〜 180mg/L未満
非常な硬水 180mg/L以上

クリスタルガイザー オランチャとシャスタの違い

爽快ドリンク専門店で販売されている並行輸入品のクリスタルガイザー
オランチャとシャスタの水源は2ヶ所あります。

 

 

アメリカ合衆国カリフォルニア州のオランチャとウィード・シャスタ
です。

 

 

一方正規輸入品のクリスタルガイザーシャスタの水源は1ヶ所で、
アメリカ合衆国カリフォルニア州の聖地マウント・シャスタ(シャスタ
山)です。

 

 

ミネラルウォーターで重要となるのはカルシウムとマグネシウムの
量です。

 

 

そこでこれらの3種類の水源のミネラルウォーターの、100ml当た
りのカルシウム、マグネシウム、バナジウム及び硬度(1L当たり)
を比較してみると、下の表のようになります。

 

 

成分、硬度

オランチャ水源(並行輸入品) ウィード・シャスタ水源(並行輸入品) マウント・シャスタ水源(正規輸入品)

カルシウム

2.24mg

0.64mg

0.64mg

マグネシウム

0.27mg

0.54mg

0.54mg

バナジウム

―――

5μg

5.5μg

硬度

67mg/L

38mg/L

38mg/L

 

 

こららを比較してみると、並行輸入品、正規輸入品ともシャスタ
水源のカルシウム、マグネシウム、硬度の数値は同じであり、バ
ナジウムの量が正規輸入品の方が0.5μg多くなっています。

 

 

並行輸入品のクリスタルガイザーオランチャとシャスタの水源を
比較すると、オランチャ産はシャスタ産よりカルシウムが1.6mg
多く分まれており、マグネシウムが0.27mg少なく、硬度が29mg
/L高くなっています。

 

 

またシャスタ産に含まれているバナジウムは、オランチャ産には
含まれていません。

 

 

⇒並行輸入品のクリスタルガイザー オランチャ シャスタ